*

Vラインの処理方法

公開日: : アンダーヘア

アンダーヘアのムダ毛、どのように処理をしていますか?意外にも、Vゾーンのお手入れはセルフで行っているという女性が多い傾向にあります。アンダーヘアのお手入れは欠かせないものの、処理方法一つでトラブルにつながってしまう場合も少なくありません。

自身でアンダーヘアのムダ毛の処理をする時に一番オススメの方法は、電気シェーバーを使う方法です。電気シェーバーは皮膚に負担をかけることがないため、カミソリのように切ってしまったりかみそり負けをするようなこともありません。また、生えてきてもチクチクすることがないため、自分自身も不快な思いをせずに済みます。電気シェーバーなら、仮にアンダーヘアのお手入れを毎日しようとも、お肌を傷つけないですので安心です。

ただ、電気シェーバーやカミソリでの処理は、毛周期の関係にもよりますがすぐに生えてきてしまうというデメリットがあります。反面、今人気の高いブラジリアンワックスや毛抜きを使ってアンダーヘアを抜いてしまう処理方法は、毛が伸びてくるまでの期間がある程度長いというメリットがあります。また伸びてきた時のチクチク感もありません。しかしながら、ブラジリアンワックスにしても毛抜きで毛を抜くにしても、痛みを伴うことがほとんどです。また、抜いたことが刺激となってしまい、皮膚に毛が埋まってしまう埋没毛を引き起こすことが多くなります。皮膚が薄い部分でもありますので、VゾーンはもちろんのことIOラインはさらに激痛を伴うため、毛抜きやブラジリアンワックスによる処理は、あまりオススメ出来ません。

上記以外にも手軽に使える除毛クリームがありますが、塗るだけで簡単であるということ、皮膚に負担をかけないということ、一度で広範囲の処理をすることができるというメリットがあります。逆に、粘膜部分であることからかぶれを引き起こしたり、表面の毛を溶かすだけですので生えてくる時間が比較的早いこと、Vゾーンのように太い毛にはあまり適していないというデメリットもあります。今は、デリケートゾーン専用の除毛クリームも登場していますが、やはり粘膜部分での使用はかなり注意しなければなりません。

さらに、熱線を利用してアンダーヘアをカットするヒートカッターを使ってムダ毛を処理するという方法もあります。焼き切るためにチクチク感が少ないこと、簡単に処理することができること、皮膚への負担がほとんどないというメリットがありますが、毛を焼き切るだけですので、元からキレイに処理することはできません。ですので、ヒートカッターはVゾーンの毛を短くするという使い方であれば、オススメです。

Vゾーンの処理方法にはいろいろな方法がありますが、レーザーや特殊な光を使って脱毛する方法もオススメです。半永久的に生えてこないですし、処理しにくい部分もキレイにできます。個人差がありますが、1年半~2年くらいの間には、アンダーヘアの脱毛が完了することがほとんどです。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

no image
デリケートゾーンの悩みで多い小陰唇の大きさと左右非対称について

デリケートゾーンについての悩みを持つ方は多くいると思います。人と比較し

no image
デリケートゾーンが黒いのはなぜ?黒いのは本当に恥ずかしいことなのか?

デリケートゾーンは普段は見えなくてもとても気になる部分です。肌や体型な

no image
デリケートゾーンも保湿

下着を脱がなければ見えない部分とはいっても、デリケートゾーンのくすみや

no image
陰部のかゆみ

女性のいんぶはとてもデリケート。ちょっとしたことでかゆみが出たりかぶれ

no image
あそこの匂い

世間一般的なイメージとして、女性はいい匂いがすると思っている男性も少な

→もっと見る

PAGE TOP ↑