*

デリケートゾーンが黒いのはなぜ?黒いのは本当に恥ずかしいことなのか?

公開日: : デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンは普段は見えなくてもとても気になる部分です。肌や体型などの話は女性同士の会話で頻繁にしますが、デリケートゾーンの話はどうしても避けてしまいます。ほかの人のデリケートゾーンがどうなっているのか?自分は人と同じなのか?友達に聞きたくてもなかなか聞けませんでした。こうした女性は多いのではないでしょうか?女性のデリケートゾーンの悩みで多いと言われているのが、黒ずみです。ちまたで言われる噂には、陰部が黒い女性は性交渉の数が多い、などというものがあり、女性にとって陰部が黒いのはとても恥ずかしいことのようですが、この噂が本当なのか気になりました。

結論から言うと答えはNOでした。皮膚科医や産婦人科医などの間でも医学的に根拠のない噂と立証されています。では、なぜ黒くなってしまうのか?原因は、皮膚の薄さと下着にあります。女性のデリケートゾーンは、体のなかで最も皮膚の薄い部分と言っても過言ではないほどです。このためちょっとの刺激や摩擦でも、メラノサイトが刺激をされメラニンを作りだし黒ずみを生じてしまうのです。

メラノサイトと聞くと、紫外線を浴びたときに活性化すると思われがちですが、実は紫外線以外にもさまざまな要因でメラノサイトは活性します。ストレスを感じたり、不規則な生活をしていたり、たばこや食事内容によってもメラノサイトは活性します。そして、摩擦によってもメラノサイトは刺激を受けてしまうのです。とくに皮膚が薄い部分は、摩擦によるメラノサイトの刺激が多く黒ずみやすい部分です。毎日穿いている下着などが知らない間に擦れていたり、オリモノシートや生理用ナプキンを当てることでも、すぐに黒くなってしまいます。またメラノサイトのほかに、肌のターンオーバーの乱れやホルモンバランスが乱れることでも、陰部は容易に黒ずんでしまうことがあります。

このことからわかるように、実はデリケートゾーンの黒ずみは珍しいことではなかったことがわかりました。あるアンケートでは、女性の3人に1人が陰部の黒ずみを気にしていると言う結果が出ているほどです。何も知らない男性からしてみれば誤解をされやすいこともあるでしょうが、一般的に黒ずみの原因は、性交渉とは何の因果関係もないので安心してください。ただ、自分の場合やはり少し気になったので、デリケートゾーンの美容液を使って日頃のケアをおこなっています。最近ではそうした商品が多く発売されているので、気になる方は試してみても良いと思います。レディースクリニックでも積極的に陰部の黒ずみを治療するところが増えているようなので、そうしたところでの相談も検討しています。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

no image
デリケートゾーンの悩みで多い小陰唇の大きさと左右非対称について

デリケートゾーンについての悩みを持つ方は多くいると思います。人と比較し

no image
デリケートゾーンが黒いのはなぜ?黒いのは本当に恥ずかしいことなのか?

デリケートゾーンは普段は見えなくてもとても気になる部分です。肌や体型な

no image
デリケートゾーンも保湿

下着を脱がなければ見えない部分とはいっても、デリケートゾーンのくすみや

no image
陰部のかゆみ

女性のいんぶはとてもデリケート。ちょっとしたことでかゆみが出たりかぶれ

no image
あそこの匂い

世間一般的なイメージとして、女性はいい匂いがすると思っている男性も少な

→もっと見る

PAGE TOP ↑