*

デリケートゾーンも保湿

公開日: : デリケートゾーンケア

下着を脱がなければ見えない部分とはいっても、デリケートゾーンのくすみや黒ずみ、気になりますよね。自分自身のデリケートゾーンがどうなっているのか常日頃からチェックされている女性は少ないと思いますが、実は、デリケートゾーンはとてもくすみやすい部位の一つと言われています。なぜかというと、皮膚が薄いということも一つの要因ではありますが、常日頃から下着というものが肌に密着しているわけですから、肌が刺激を受けてしまうことでメラニンが生成されくすんでしまうのです。

ただ、デリケートゾーンは清潔にしておかないと雑菌が繁殖してニオイのもとになったりしますので、丁寧に洗わなければいけません。しかしながら、キレイにしたいという思いが強いあまり、ゴシゴシとこすってしまうと、これがお肌への刺激となってくすみを引き起こしてしまうこともあります。強く洗わなくても、デリケートゾーンはお湯で洗い流すだけでキレイになります。

また、デリケートゾーンは体の部位の中でもかなり皮膚が薄い部分です。皮膚が薄いということは、角質層までの厚みも少ないということになるので、水分を保持しておく力も余りありません。角質層が十分な厚みを持っていると、それだけで水分を保持することができるのである程度の刺激にも耐えられるようになるのですが、デリケートゾーンはそうはいきません。ですので、他の部位に比べてもくすみや黒ずみを引き起こしやすくなってしまっているというわけです。

近年、デリケートゾーンの清潔を保つという意味も含め、VIOラインの脱毛を行う女性も増えてきました。デリケートゾーンの脱毛をすることはとても良いことなのですが、脱毛後のケア一つで、くすみのないキレイな状態にしておくことができるかどうかが決まると言っても言い過ぎではありません。アンダーヘアの脱毛をした時は、しっかりと保湿をするということが大切です。なぜ保湿が必要なのかというと、脱毛したことでお肌が刺激を受けているため、くすみや黒ずみ、またその他のトラブルを予防するために保湿をすることが大切になります。

もちろん、自分自身で脱毛をした時も同じです。デリケートゾーンの保湿は、ワセリンを使ったりデリケートゾーン専用のクリームや刺激のない保湿剤を使ってあげましょう。クリームでなくても、お手持ちの化粧水をつけておくだけでも違います。ただ、保湿をする際は、デリケートゾーンを洗って清潔な状態にしておいてから行います。手でクリームをつけたりすることに少し抵抗があるのであれば、コットンを使ってお手入れしげあげるといいでしょう。さらに、加齢によりくすみや黒ずみが引き起こってしまうことも多いですので、年齢を重ねるごとにデリケートゾーンのお手入れはしていきたいところです。毎日の積み重ねが、デリケートゾーンのくすみや黒ずみを改善し予防してくれますので、毎日のお風呂上りのお手入れを習慣化しましょう。

関連記事

no image

デリケートゾーンケアはパートナーへの思いやり

なかなか自分のにおいには気付かないことが多いものの、やっぱりデリケートゾーンは女性でもいろいろな意味

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

no image
デリケートゾーンの悩みで多い小陰唇の大きさと左右非対称について

デリケートゾーンについての悩みを持つ方は多くいると思います。人と比較し

no image
デリケートゾーンが黒いのはなぜ?黒いのは本当に恥ずかしいことなのか?

デリケートゾーンは普段は見えなくてもとても気になる部分です。肌や体型な

no image
デリケートゾーンも保湿

下着を脱がなければ見えない部分とはいっても、デリケートゾーンのくすみや

no image
陰部のかゆみ

女性のいんぶはとてもデリケート。ちょっとしたことでかゆみが出たりかぶれ

no image
あそこの匂い

世間一般的なイメージとして、女性はいい匂いがすると思っている男性も少な

→もっと見る

PAGE TOP ↑