*

デリケートゾーンの臭いがきつくなる食べ物

公開日: : 臭い

大なり小なり、どんな女性でもデリケートゾーンの臭いはするものですから、におっているのは決しておかしなことではありません。しかしながら、日常生活の中で、デリケートゾーンのみならず、体臭をきつくしてしまうかどうかが左右されてしまうこともあります。その中の一つに、食生活、つまり食べ物も関係しているのですが、どんな食べ物がデリケートゾーンの臭いをきつくしてしまっているのでしょうか。

デリケートゾーンの臭いのみならず、人の体臭を左右する食べ物としてあげられるのが動物性脂質を多く含む食材です。つまり、お肉を食べる機会が多いという人は、デリケートゾーンのにおいがきつくなる可能性がかなり高くなってしまっています。もちろん、肉食だからといってすべての方がデリケートゾーンの臭いに悩まされているかと言えばそうではありません。日本人は、欧米人のようにお肉を食べる機会は昔はあまり多くありませんでした。ですので、体臭も欧米人に比べると少なかったのですが、近年は食が欧米化していることにより、動物性脂質を含む食べ物を口にする機会が増えてきたため、体臭もきつくなり、さらにはデリケートゾーンの臭いに悩まされる女性も増えてきてしまっているのです。

また、お肉のみならず、チーズなどの乳製品も摂りすぎるときつい臭いを放つ原因となってしまいます。女性が好きなスイーツも洋菓子系は臭いを強くしてしまう代表の食べ物の一つと言われていることを知っていますか?また、香辛料の強い食べ物を頻繁に食べているのも、臭いをきつくすることがあると言われていますので、香辛料がたっぷり使われている食べ物も摂りすぎないようにしなければいけません。

かといって、お肉や乳製品を食べない方がいいという事ではありません。お肉も乳製品もとても大切な栄養素をたくさん持っています。つまり、お肉も乳製品も、体臭を左右するような食べ物を言われているもの全てにおいて言えるのが、何でもバランスよく適度に食べるということです。お肉も適切な量を食べる、乳製品も同じです。何でも食べ過ぎは良くありません。逆に摂らなさすぎも良くありません。野菜もしっかり食べて、バランスの良い食事を心がけるようにすれば、臭いを予防することに一役買ってくれます。

逆に臭いの原因となりにくいのが、大豆製品や果物や野菜などと言われています。これらの食べ物に共通して言えるのは、食材自体にきつい臭いがないことという点です。きつい臭いのある食べ物は、やはり体臭に結び付きやすいと言われています。食べてはいけないというわけではないのですが、食べ過ぎはあそこの臭いも左右してきますので、食べ過ぎないように普段の食生活からきをつけていきましょう。毎日の積み重ねにより、臭いを軽減させることは十分に可能です。臭いが強い食べ物はおいしいものも多いのも事実ですが、何でもバランスよく適度な量を守って食べるようにするのが一番の臭い対策となります。

関連記事

no image

あそこの匂い

世間一般的なイメージとして、女性はいい匂いがすると思っている男性も少なくありません。確かに、男性に比

記事を読む

no image
デリケートゾーンの悩みで多い小陰唇の大きさと左右非対称について

デリケートゾーンについての悩みを持つ方は多くいると思います。人と比較し

no image
デリケートゾーンが黒いのはなぜ?黒いのは本当に恥ずかしいことなのか?

デリケートゾーンは普段は見えなくてもとても気になる部分です。肌や体型な

no image
デリケートゾーンも保湿

下着を脱がなければ見えない部分とはいっても、デリケートゾーンのくすみや

no image
陰部のかゆみ

女性のいんぶはとてもデリケート。ちょっとしたことでかゆみが出たりかぶれ

no image
あそこの匂い

世間一般的なイメージとして、女性はいい匂いがすると思っている男性も少な

→もっと見る

PAGE TOP ↑